2017年07月03日

初めて配当落調整金を取られた

優待タダ取りで現物と一般信用売りのクロスをしたのですが、もちろん信用売りで権利日を持ち越すと配当相当額を払わなければなりません。いままで信用売りで権利日持ち越しなんてしたことがなかったのでどのように引かれるのか知らなかったのですが、入出金明細を見ると配当落調整金が取られた記録がありました。

配当落調整金
こんな感じです。

まずは先に現物の配当が源泉徴収された金額で入金されていますが、その後に配当落調整金が取られ、それと同時に現物で源泉徴収された金額が譲渡益税還付金として帰ってきます。この源泉徴収分がどうなるのか不安だったので、しっかり戻ってくることを確認してほっとしました。

ところで3月分の優待が揃ってきました。中央倉庫が3年以上保有となっておこめ券が一枚増えていたり、気づいてなかったんですが興銀リースが一年以上保有で図書カードが4,000円入っていたり、さらにサンコーテクノにクオカード500円の優待があることを知らなかったのでなんだか得した気分です。チョイスする優待が9件あるんで、何をもらおうか徐々に作戦を練ります。

相場は相変わらず強いですね〜。口座評価額は連日じりじりと最高額を更新し続けていますが、いつまで続くんでしょうね・・・。かなり壮大なチキンレースになるんでしょうか?

posted by もずく王子 at 15:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 株主優待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする