2017年02月11日

トランプは心配無いと市場は判断

今週は木曜日まで調子良かったものの、主要銘柄に資金が行くと急に沈黙するといういつも通りの展開になりました。小型株と新興株が多いのでこういう展開だとヤキモキします。

税制やインフラなど、またハードルを上げることで急にリスクオンになってきました。中国との電話会談も無難にこなしたようですし、日米首脳会談もいい結果になると織り込んだようです。トランプさんも言うことは強いですが、基本的にはパフォーマンスだと自覚してやっていることなので、結局は無難に修正するから問題ないように思います。

決算を見ていくらか拾いましたが、あんまりポジションを増やしたくないし、暴落懸念が無ければこのまま放置で良さそうです。決算でボラティリティも高く、疲れたのでしばらくお休みしたいです。

心配はトランプより欧州や中国ですね。波乱が起きるとしたらそっちのような気がします。
posted by もずく王子 at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

日本のトランプ相場は終わり

やっぱりトランプはどうしようも無かったということで失望売りが出ているようですが、アメリカ株は急上昇の利益確定くらいの程度で済んでいる一方、日本株はその数倍落ちます。結局為替の問題ですね。トランプが当選した当初から懸念していた円安への攻撃が本格化するとの懸念が出ています。ドル高になるとやはり経済指標は悪くなってくるというのが見え見えなんで、トランプはどんな手を使ってでもドル安へ誘導したいんでしょう。

トランプ相場の上げすぎが修正されるとなると、相当下も覚悟しなければならないかもしれません。ダウが新高値を更新して少し上げたところが天井となることで、「鬼より怖い一文新値」とかいう相場格言が頭をよぎります。しかし、アメリカ株は少々の調整程度で復活するような気がします。日本株は為替次第、ドル安誘導が実現すればお終いです。

保有株の決算は良好ですが、この地合いで高値を抑えられていますね。優良銘柄で安いのを地道に拾うしかなさそうです。
posted by もずく王子 at 00:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする