2018年01月25日

大台を突破、崩壊も隣り合わせかも

今週のポートフォリオは月・火と急伸して水・木と小さく上げて4連騰、水・木はムニューシンショックとか言われる米財務長官のドル安好感発言によってドル安が進んだことで波乱でしたが、保有する一部の銘柄が伸びて全体的にはプラスになりました。ドル安にならなければもっと利益が伸びたのに・・・。今日は寄り天で崩された銘柄多数な感じになりました・・・。

というわけで今日集計したところ、金融資産総額が4,000万円を超えました。全体の調子が悪い時も以下の2銘柄が健闘して安定のパフォーマンスが続きました。

健闘銘柄

まことにめでたいことですが、ドル安がまだまだ進行中で明日も厳しい相場展開になることが確実なのに加えて、保有株も空中戦を繰り広げていることからこの金額が一時的であることは火を見るよりも明らかという感じです。

現実的には利益を確定すると税金をごっそり持っていかれるので、株の時価総額なんてバーチャルな値です。本格的なドル安・円高や、アメリカが保護貿易に走ったりなんかするとあっと言う間に経済が悪化するなんてこともあるし、今の株高も大きな調整が近い感じですね。節分天井みたいになっちゃうんでしょうかね・・・。高値圏だけに崩れると激しいですから注意です。
posted by もずく王子 at 20:36| Comment(3) | ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

富士ソフトSBがストップ高

富士ソフトサービスビューロが三分割するということでストップ高張り付けの刑でした。富士ソフトの子会社で、BPO業務とかやってるチンケでセコイ会社だと言われて、去年の秋あたりなんかは年金業務なんぞ地方でガッチリ抑えられてるから拡大しないとかなんやかんや悪口が絶えませんでしたが、一年ちょい経ってみれば結局爆騰でした。

こういう銘柄を大量にガッチリ抱えきれずにちびちび利確して数を減らして、ある日から本格上げと、信じて待てない自分は本当に株の才能がないんだな〜と、痛感させられました。トランプショックの日にガッチリ買い増ししたところまではよかったんだけど、なんでかなぁ・・・

まあ、保有数が減ったながらもストップ高の富士ソフトサービスビューロと、エスビー食品の健闘のおかげで大きく続伸し、口座評価額が過去最高を更新、金融資産も3,900万円を超えました。

勝負に出ている銘柄は相変わらず微益状態ですが、忘れた頃に注目されることもあるようなので、我慢してあきらめ九割九分で保有を続けます・・・
posted by もずく王子 at 23:03| Comment(1) | ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする