2017年06月05日

マーケットには強盗がいっぱい

急に旬の銘柄になったフォーカスシステムズさんですが、大型?IRでストップ高連続になった銘柄はどのような一日を過ごされるのか、観察できるかぎり観察してみました。

フォーカスシステムズ値動き1
上図:6/2と6/5のPTS市場の5分足チャート

@先週の金曜日は一日ストップ高張り付きで875円、その晩のPTSでは922〜968円で推移していました。

A翌週6月5日の朝、気配は急変、750円くらいから開始。PTSでは8:20から取引ができるので狼狽売りが出て最低価格805円をマーク。しかし、寄り付きまでにじわじわと値を上げて結局ギャップアップの気配となる。

フォーカスシステムズ値動き2
上図:6/5の東証市場の1分足チャート

B9時を過ぎると買いが増えて特買の気配になる。9:10頃に920円で寄り付き、乱高下を繰り返しながら天井に収束していく。

C9:15にストップ高に到達。その後は一瞬剥がれた時もあったが、張り付きで推移。前場引けくらいで売り4万株、買い40万株。2時くらいで売り6万株、買い60万株。売りが極端になくなる。

D大引けで7万株くらい売買成立。比例配分狙いの160万株くらいの買いを残し終了。

こんな感じで理解しにくい動きになりました。結局は張り付きのストップ高なんですが、気配で狼狽させたりして売りを出させるという手なんでしょうか?みんな儲けようと必死でやっているので、マーケットは強盗のカタマリのようなもんなんですね〜。

吊り上げるだけ吊り上げてから元に戻るみたいな値動きも多いので利益確定を焦ってしまう気持ちは良く分かりますが、急騰のきっかけになった材料をきちんと見極めないと大事な資産を安売りしてしまうことになってしまいますね。

利回り低下なら利益確定して他へ移る人あれば、大化けすると見込んで鬼ホールドする人もあり、自分はどちらかと言うと鬼ホールドしたい銘柄なんですが、これ以上株価が騰がったらじっとしていられるのか・・・贅沢な悩みです。もちろん今後急落して元通りなんてことになる可能性だってあります。株は分からないです・・・

まあ、このところ他の銘柄も好調なので深く考えないようにします。しかし、全体でも強いし・・・そろそろ危ないのかな?

ところで泉州電業の中間決算が出ましたが、調子いいですね。人気ないですが・・・。どうせ株価騰がらないんだろうなぁ〜ちぇ〜

posted by もずく王子 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資の参考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

ここ一年で急に金融資産が増える

フォーカスシステムズが一日中張り付きでストップ高連荘でした。権利落ち後に急落してすごく安く買えたのに、この急変とは・・・。株はきびしい時期でも信じてホールドした者が成功するものなんだなぁ〜としみじみ感じました。まだ少しづつ買い増している途中だったのが悔やまれるところです・・・

他の保有株はだいぶ天井をつけたようなのが多くて、日経平均が高い今日みたいな日は主力銘柄に資金が行くので、利益確定に押されて崩落しているのがちらほら見受けられました。フォーカスシステムズを除いても少々プラスでしたので、全体としてはそこそこ大きくプラスとなり、口座の評価額は過去最高を更新しました。

保有株がここのところ大きく上昇したおかげで、金融資産も3,500万円を超えたようです。去年のブリグジットの時点で3,000万円を割りそうなくらいだったので、ここ一年で500万円ほど増加したことになります。今年利益確定分の税金を考えるともうちょいですね。

暴落でコツコツと拾っていったのが実を結んだようですが、利益確定がもっと上手ければさらに利益を伸ばせたんですよね・・・。利益確定の粗さを改善するのも今後の課題です。

ラクト・ジャパンも目標株価の3,000円ジャストで引けるなどなかなか嬉しいこともありますが、エンカレッジテクノロジーやベイカレント・コンサルティングなどが天井つけて急落でした。明らかに相場が強気転換してきて売り時が難しいので、温かく見守っておこうかと思います。
posted by もずく王子 at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする