2017年02月04日

保有株暴落状態、精神力が試される

決算は良い銘柄が多いようですが、高値をつけてから戻ってくる相場展開ですね。10年債利回りが一時0.15%くらいまで上抜けてきて、不動産株にはいい影響を与えなかったのかも。慌てて日銀が抑え込んだようですが・・・日銀さんちゃんと仕事してください。

かなりの好決算を出したAGSとか天井をつけて急落、エンカレッジもやっぱり元に戻って来たので諦めて一部利確、落ちてきたらまた拾います。ユニリタはまさかの悪決算で急落。他にも天井をつけて崩落中の銘柄が目白押しです。

天井付けて崩落は仕方ないにしても気分悪いですね。保有を続けるのならそんなの気にしない精神力が必要ですが、身に付きません。だから大儲けを逃すことが多いんだけども・・・大損を避けることが出来ているのもあって、やっぱり株は難しい・・・。

ヱスビー食品なんて買いづらい銘柄がありますが、好決算で急騰してから乱高下。この会社はまともな株価対策をすればもう20〜30%くらいは簡単に騰がる気がしますが・・・分割して流動性を上げて、優待を拡充または少し増配するなりして株主を増やして一部昇格を目指せばいいのに。

トランプ発言でドル高が牽制されている状態ですが、ドル高が過ぎる方が危険だと思うので、米株も高いし、極端な円高に振れないで安定してくれればむしろ好環境だと思います。評価の低い好決算銘柄や、売られ過ぎ銘柄、あとは一部の銘柄に多めに資金を投入しているのでその買い増しをするかどうかに注力していきたいと思います。
posted by もずく王子 at 17:57| Comment(3) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

日本のトランプ相場は終わり

やっぱりトランプはどうしようも無かったということで失望売りが出ているようですが、アメリカ株は急上昇の利益確定くらいの程度で済んでいる一方、日本株はその数倍落ちます。結局為替の問題ですね。トランプが当選した当初から懸念していた円安への攻撃が本格化するとの懸念が出ています。ドル高になるとやはり経済指標は悪くなってくるというのが見え見えなんで、トランプはどんな手を使ってでもドル安へ誘導したいんでしょう。

トランプ相場の上げすぎが修正されるとなると、相当下も覚悟しなければならないかもしれません。ダウが新高値を更新して少し上げたところが天井となることで、「鬼より怖い一文新値」とかいう相場格言が頭をよぎります。しかし、アメリカ株は少々の調整程度で復活するような気がします。日本株は為替次第、ドル安誘導が実現すればお終いです。

保有株の決算は良好ですが、この地合いで高値を抑えられていますね。優良銘柄で安いのを地道に拾うしかなさそうです。
posted by もずく王子 at 00:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする